ミドリムシニュース

2020年オリンピック・パラリンピックに向けたバイオジェット燃料導入までの道筋検討委員会の設置

国土交通省および経済産業省は、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料でのフライトを実現することを目標として、検討委員会を設置しました。

 

バイオジェット燃料については、ICAO(国際民間航空機関)やIATA(国際航空運送協会)が2020年以降の航空温室効果ガス削減対策として促進しており、国内エアラインも導入を検討しています。

 

バイオジェット燃料の研究開発は株式会社ユーグレナをはじめとする事業者によって進められ、生産技術の確立を目指して進んでいます。

 

近未来の実用化に向けて安全性の実現と、コスト効率の高い開発が課題となってきます。

 

(出典:株式会社ユーグレナ 最新情報)

関連記事

  1. ミドリムシニュース

    ユーグレナ入り草大福について、共同通信社「オーヴォ」にて紹介されました

    ファミリーマートオリジナルのチルド和菓子、「よもぎ香る草大福~ユーグレ…

  2. お知らせ

    香川大学発ベンチャーの太陽光パネル清掃ロボットにユーグレナ資本参加

    香川大学発のベンチャー、未来機械(岡山県倉敷市)はバイオベンチャーのユ…

  3. お知らせ

    株式会社ユーグレナ × 株式会社フルッタフルッタ「赤汁」&「緑汁」登場!

    株式会社ユーグレナと株式会社フルッタフルッタはそれぞれ取り扱うユーグレ…

  4. ミドリムシニュース

    スーパーフードのコース料理とユーグレナトリートメントで健康的に美しく

    ホテル椿山荘東京では、究極の食材“スーパーフード”を取り入れたコース料…

  5. ミドリムシニュース

    バングラデシュでユーグレナ入り食品の市場調査開始

    株式会社ユーグレナは、国際協力機構(JICA)が行う2014年第一回協…

  6. お知らせ

    ユーグレナでインフルエンザウイルスを排除!?研究結果発表!

    株式会社ユーグレナは、ユーグレナ粉末やユーグレナ特有の成分、パ…

ミドリムシエメラルド無料お試しキャンペーン中
PAGE TOP